車いすでダブルダッチ!――パラリンピックメダリストの上原大祐さんが驚異の運動能力を披露

2018/09/27

ダブルダッチとは、2本のロープを使ってリズムよく跳ぶなわとび。

今回、車いすでのダブルダッチにチャレンジしたのは、パラアイスホッケー選手として、トリノパラリンピック、バンクーバーパラリンピック、平昌パラリンピックに出場、そして、バンクーバーパラリンピックで銀メダルを獲得した上原大祐さん。運動能力のすごさもさることながら、上原さんが所属するダブルダッチチーム「TeamAAA」との笑顔弾けるチームワークの良さも必見です。

PROFILE

上原大祐(うえはら・だいすけ)

パラアイスホッケー日本代表として、2006年トリノ、2010年バンクーバー、2018年平昌と3大会パラリンピックに出場。2010年バンクーバーでは準決勝で決勝ゴールを決め、銀メダル獲得に貢献。 引退後は2014年NPO法人D-SHiPS32設立、2017年一般社団法人設立をし、障害を持った子供たちやその親御さんたちをサポートしながら、企業や自治体と連携して商品開発や街づくりを行っている。2016年にはNEC東京オリンピックパラリンピック推進本部に入社し、2020年以降の日本のパラリンピックを盛り上げるための推進活動を行っている。

関連記事

記事をもっと見る